がばいよか不動産や社長の日記

佐賀県佐賀市で地域一番の不動産会社を目指して日々驀進中の社長がつづるつれづれ日記。地方の不動産業界のめったに聞けないウラ情報も読めますよ~。

コーヒータイム

日本初のコーヒー園 長崎・寿古コーヒー。
その寿古コーヒーの最高級コーヒーを使用した、オリジナルコーヒーカステラのお土産です。
長崎県大村の寿古コーヒー園でしか手に入らない、逸品です!

コーヒーカステラ

寿古コーヒー、オリジナルコーヒーカステラ、コーヒータイムにオススメです。

こちらは東京の期間限定商品『東京表参道ケーキ ラスク』

表参道ケーキラスク

朝晩はめっきり秋めいて来ましたが、日中はまだまだ暑さ厳しい午後のホッと一息、コーヒータイムでした。

0927seminar.gif

執筆者2号
ブログランキングに参加しています!一押しポチッとお願いします。FC2 Blog Ranking


sologonew.jpg
佐賀市でのお部屋探しは、どん3の森東交差点前の、夢とありがとうの不動産会社 (株)ソロンまで!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは

美味しそう!
寿古コーヒー買ってみます。
"歴史を知らない人間は人間ではない"(仏哲学者)
はじめまして、七生です。(*'-'*)
参考になれば、幸いです。
(注)反米じゃないです。
 
『原爆は何故落とされたのか』
日本人よ、何故 "Yes, we can." と言えるのだ!?

「原爆投下が終戦を早めた」という説は、
アメリカが原爆投下を正当化する為に、
今も言い張っているウソ話である。
「日本を降伏させるのに原爆投下は必要なかった」
という事実は、とっくに証明されているのだ。
それこそTBSの特番、
『"ヒロシマ"あの時、原爆投下は止められた』
でもやっていたほどの常識だ。
※(某キャスター氏のコメントは人間理解の浅薄さを証明する情けないものだったが。)
http://matodoga.blog24.fc2.com/blog-entry-195.html

「天皇の地位保全」の条項さえ出せば、
原爆を投下せずとも日本は降伏すると
米国務次官・グルーは何度も主張した。
しかし大統領トルーマンは、
ポツダム宣言の草案から
「天皇の地位保全」を認める条項を
あえて削除した。
トルーマンは原爆を投下するまで
日本を降伏させたくなかったのだ!

○莫大な費用をかけて作った原爆を、
 議会対策の為にも使わなければならなかった。
○ウラン濃縮型と、
 ルトニウム型の2種類の原爆を、
 黄色いサルの住む都市で実験使用して、
 その効果を確かめる必要があった。
○戦後の世界秩序を巡って、
 ソ連のスターリンに
 脅しをかけておく必要があった。

原爆投下は終戦を早める為に
実行されたのではない!
ルーズベルトの急死で、
たまたま大統領になってしまい、
「つぶれた田舎の雑貨屋のおやじ」と言われて
全米国民の溜息を浴びていた
ハリー・トルーマンは、
自分の強さを誇示する為に、
何が何でも虫けら同然の日本人の上に
原爆を落としたかったのだ。
トルーマンは原爆を2個落とし、
目的を達成したら、グルーの案に戻り、
「天皇の地位保全」を日本に伝えた。
結局はトルーマンの計画通りに進んだのだ。
グルーの努力は実を結ばなかった!

『原爆を投下するまで日本を降伏させるな』
(草思社)の著者、鳥居氏によれば、
ルーズベルトは、日本との戦争が長引けば
中国が内戦になる可能性が高まると考え、
ドイツを降伏させたあと、
一日も早く日本を降伏させるために、
グルーを起用した。
ルーズベルトは「天皇の地位保全」を主張する
グルーに希望を託したのだ。
ところがルーズベルトの急死、
トルーマンの大統領就任によって、
グルーの対日政策は無視される。
日本を降伏させるわけにはいかなかったからだ!
原爆を落とすために!
 
日本が主体の正しい歴史を知るには
小林よしのり『戦争論』全3巻がおすすめです。
 
※ダニエル・エルズバーグ
元国防総省職員・平和運動家(米国)論文↓
http://www.hiroshimapeacemedia.jp/mediacenter/article.php?story=20090821150520891_ja
 
☆西部 邁 「戦後タブーをけっとばせ」
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/

七生 | URL | 2009-09-09(Wed)17:45 [編集]